無料で検索♪薬剤師求人情報

人気の求人情報をいち早くご紹介。

病院の薬剤師求人

病院で働く薬剤師の仕事内容及び求人状況について見ていきます。
病院で働く薬剤師は医薬分業が進んでいるということもあり外来患者の調剤を行うということではなく、病院にいる入院患者さんのために調剤を行うというのが中心的な仕事になります。
病院内では医師や看護師に比べると薬剤師を配置する人数がどうしても少なくなるために、一人で受けもつ担当患者数は多くなってしまいます。
具体的にどういう仕事をしているのかを見ていきます。
一つ目は調剤業務になり、処方箋に記載されている内容を確認したうえで調剤していきます。
それだけでなく患者さんに対してどういう風に薬を飲めばいいのかなどの指導についても行っています。
二つ目は医薬品情報を集める業務になります。
医薬品は製薬メーカーのMRなどからいろいろと情報提供があります。
医師や看護師に対してそういう情報を適切に伝えることで薬が適正に使用されるようにします。
三つ目は注射薬供給業務になります。
注射で使用する薬は特に取扱に注意をしないといけないということになります。
最近は薬剤師が処方箋の内容を確認したうえで注射薬を取り揃えたり、注射薬を調整したりします。
四つ目はその他業務として医薬品を管理したりするなど医薬品に関わる業務を行っています。
病院で働く薬剤師に求められるのは薬の知識だけでなく、入院患者さんや医師などの医療スタッフとのコミュニケーションということになってきます。
特に入院患者さんに関してこれから飲む薬の効果や副作用などについて相手にわかりやすく伝える必要が出てきます。
病院で働いているということもありますので、入院患者さんの顔色や病状を確認しながら仕事を行うことができるというのが病院で働く薬剤師の魅力になります。
病院勤務の薬剤師求人の募集は欠員が出た時にそれを補充するために募集がかけられるので、なかなか求人が出ることが少ないということが言えます。
日ごろから転職サイトなどでチェックしていく必要が出ていくでしょう。


サイトマップ