無料で検索♪薬剤師求人情報

人気の求人情報をいち早くご紹介。

企業の薬剤師求人

薬剤師が勤務する場所として製薬メーカーなどの企業で働くというケースが増えてきています。
製薬メーカーは一般的に大手企業が多いということがあり新卒・中途問わず人気の職場になっています。
製薬メーカーの薬剤師の仕事は大きく分けて3つあります。
一つ目は新薬の研究を行う部門、二つ目は自社製品の営業(MR)部門、三つ目は薬事業務などの事務部門ということになります。
新薬の研究部門は文字通り新薬の開発を行うことが仕事ということになります。
研究室で研究や実験、試験を繰り返すことによって新薬ができるということになります。
新薬ができるまでには10年ほどかかるというように長い期間がかかるということになります。
新薬の研究部門はなかなか一般求人はないようです。
薬学を専攻した大学院卒の人が多数いる部門ということになります。
自社製品の営業部門は自社の医薬品を売り込むことを目的としています。
製薬メーカーの営業のことをMR(医薬情報担当者)と言ったりします。
MRは自社の医薬品を売り込むだけではなく、安全性や副作用の情報を正確に医師や薬剤師に対して伝えていく必要があります。
MRは自社の医薬品情報については知っておかなくてはいけませんので、薬剤師がMRになるというのはもともと薬学の知識を持っているわけですから営業自体に抵抗がなければやりやすい部分はあるのではないでしょうか。
薬事業務は承認申請業務や添付書類の作成、厚生労働省との折衝など新薬を作るために必要な事務作業を行う部門になります。
薬学に関する幅広く深い専門知識が問われます。
製薬メーカーのどの部門を希望すると言うことになったとしてもやはりハードルは高いものになりますので、希望する人は入社試験の傾向をしっかり調べた上で臨まないといけないでしょう。
求人は新卒採用が中心と言うことになりますので、中途採用を希望される人は薬剤師関係のサイトなどをチェックしておいたほうがいいでしょう。

サイトマップ