無料で検索♪薬剤師求人情報

人気の求人情報をいち早くご紹介。

登録販売者とは

登録販売者とはどういう資格なのかと言いますと、2009年施行の改正薬事法により一般用医薬品の中で第二類医薬品および第三類医薬品のみを販売できるような資格ということになります。
登録販売者とは都道府県知事による認定資格になっています。
第一類医薬品に関しては副作用などの危険度が高いものになりますので登録販売者では販売することができず、薬剤師が高度な知識を持って対面販売を行い、基本的には書面による情報提供を行わなければならないということが義務付けられています。
ドラッグストアなどで見かけるような医薬品のほとんどが第二類医薬品および第三類医薬品ということになります。
これらは一般用医薬品の約95%を占めているという風に言われています。
ドラッグストアで医薬品を購入する場合の95%近くは登録販売者で対応できるということになります。
そうなると、たった5%の第一類医薬品のために人件費の高い薬剤師を配置するのではなく、比較的人件費を抑えることができる登録販売者で対応するというようなドラッグストアが増えてきています。
ドラッグストアの場合は薬剤師求人の需要よりも登録販売者求人の需要のほうが多くなるということがあります。
登録販売者は調剤薬局での調剤業務は行えないという点に気を付ける必要があります。
やはり、登録販売者と薬剤師とでは同じ医薬品を取り扱うことができる資格でありながら業務として行えることが全然違ってくるということになります。
ドラッグストアや一般薬局において登録販売者の需要が高まってきています。
求人サイトと求人雑誌においても登録販売者を募集している求人が多くあります。
近所のドラッグストアや一般薬局においても広告チラシや店内の張り紙などで募集をかけていることはよくあります。
アルバイトやパートという形態で働きたいということであればやれることは限られてきますが、登録販売者として働くのは適しているかもしれません。


サイトマップ